より詳細な表現も可能な「プリントネーム」

これまでの記事では織ネームについてご説明してきました
織ネームが、ブランディングや装飾の一部として服飾や様々な小物に
用いられていますが、同じ用途でプリントネームも提供しています

プリントネームは、一般的に布やリボンに印字したものです
生地は、綿、絹、ポリエステル、人工皮革、ゴムなど様々です

プリントネームの特徴の1つは、より詳細な文字の表現が可能です
衣類についている洗濯表示など、文字情報が多い場合はプリントネームが最適です

 
1mm角の文字もクリアに見えます

そのほかの
織ネームとの違いや使い分けについてはまた別記事でご紹介していきます

イメージがしやすいプリントネームの「文字」

プリントネームは、言葉の通り生地に印字をしたものです
生地の厚みや、素材の種類によってインクののり具合が異なりますが
素材感がみえることも、紙の印刷物とは違った魅力の1つです

それでいて、印刷ですので
文字の書体はデザインとほぼ同等に表現されていきます

早速、いくつかみてまいりましょう

  
織物とは違って、文字の輪郭がはっきりしているものが多いですね
色のコントラストも明確に見えます

 

 
人工皮革で質感を変えたり、文字を重ねたりすることもできます

 
サテン(左)とコットン(右)、生地によってインクの出方も異なります

 
織ネームのように細いリボン形状にもデザインが映えます

 


コットン生地も、素材の織り方や色が違うと印象も変わりますね

 

最後に

 織ネームとプリントネームは、それぞれに特性があり異なるものですが、見た目が類似していて見分けがつきにくい場合もあります
用途に応じて使い分けていくことで、より明確なブランディングにつながります

織ネーム、プリントネームについてお気軽にお問い合わせください