主役を引き立てる存在感

ブランドタグは、製品名や企業名、ロゴなどがデザインされていますが、それ自体が主役商品として展開することは非常に稀です
例えば、シャツやジャケットの襟元、袖口や胸ポケットに目をやると、小さなタグがついていますよね(全てのものに必ずついているわけではありませんが)
メインとなる製品があって、初めてブランドタグ も役割を全うしていきます
実際に、ブランドタグのサイズは、製品につけることを考慮して小さく、小さく作られています

しかしながら、ブランドタグにひとたび気がつくと、結構目がいってしまうものです
もちろんサイズを確認したり、メーカー名を確認したりと必要な情報を見るためでもありますが、相応の存在感があるのです

存在感を示すつくり

実際に、ブランドタグの中でも織りネームで見て生きたいと思います
存在感を持たせるためには、デザインや取り付ける位置に工夫が必要ですが、織り方や糸の選び方の組み合わせ、掛け合わせでより際立ったものに仕上げていきます

こちらのブランドタグは織ネームでできています
地色の黄色に文字のピンク、というコントラスト自体が映えますが、紙の上に乗せると質感の違いも多少感じられるのではないでしょうか
縦糸と横糸を綿密に細かく織り上げていますので、生地の厚みも出ますし、その質感や光沢が映えて見えます

こうして、紙にプリントしたデザインと見比べて見ると、さらに織物の厚みが存在感を引き立てていくのがわかりますね

織ネームも繊維製品ですので、こうした布地とは相性がよいです
生地にデザイン性があっても、その存在感は健在

 

こちらの織ネームは、明るさはあるものの落ち着いた黄色の糸を光沢感を出すように織り上げています
文字は、糸自体が光っているものを用いて、かつ生地部分より大きなピッチで織ることで文字の存在感をより高めています

製品にあった素材、製法、加工をご提案しています

今回は、織ネームのブランドタグを例にご説明しましたが、実際の製品とその用途に合わせて、プリントネーム、リボン、ワッペン、樹脂製タグや人工皮革など、をご提案しています
その際、使用用途に応じて強度や触りごこちなどを含めた安全性への考慮も欠かせません

どうぞ、お気軽にお問い合わせください