織ネームは、装飾の一部としても使用できますし

製品のロゴや社名、そして製品の説明など

その役割は多岐に渡ります

では、その織ネーム、どこにどのようにつけましょうか・・・・

つづきは、こちら