ネーム(タグ)は何のためにあるのか

織ネーム、プリントネームをいくつかご紹介してきました
今回は、これらのタグがなす役割について書きます
また、ここではネームよりイメージのしやすいと思われる「タグ」
という名前で説明していきます

 

タグにデザインされているもの

タグ(織ネーム、プリントネーム)には、一般的に下記のものが記されています

  • 製品名
  • 企業名もしくはプロジェクト名
  • ロゴ(製品、企業もしくはプロジェクト)
  • 注意書き、但し書き

 

これらからもわかるように、製品や企業の「顔」といっても過言でない存在です
そして、タグがついていることで

  • 認知度アップ、認知を広げていく役割
  • 製品や企業のイメージを定着させる役割
  • 製品や企業のイメージを統一していく役割
  • 他製品や他者との差別化
  • 製品や企業の安全性や信頼を伝える役割

 など様々な役割をなしています

タグは全てオリジナル

このように、タグ(織ネーム、プリントネーム)は、作り手(企業、作者)にとっても、利用者(消費者)にとっても、信頼と安全性をもたらす重要な位置付けにあります
ブランディングには欠かせない存在です
同時に他社(他者)との差別化にもなるため、デザインは全てオリジナルになります
もちろん、一般的な形やサイズ、文言などもありますので、初めて作成する場合でも、用途に応じて必要なものをご提案しています

織ネーム、プリントネームに関してお気軽にお問い合わせください