サイトリニューアル中:facebookページ へどうぞ!

目に留まる、そして手にする「タグ」

目に留まる、そして手にする「タグ」

あるとないではなんか違う「タグ」

当記事の写真はすべてほぼ日サイトのものをお借りしています
弊社の製品ではございません


先日、とあるサイトを眺めていたところ
(ほぼ日刊イトイ新聞、通称ほぼ日です)
とある商品とその商品にちなんだタグに
つい目が止まってしまった筆者です

それが、上記の写真です
タオルの裏側が写ったこちらは、
ほぼ日でロングセラーとしてシリーズとなっている
「mother」の製品の1つです
ご興味ある方はこちら・・・
mother:やさしいタオル_どせいさん/ネスと自転車

タオルにはキャラクターがデザインされていますが、
タグを目にすることで、
このシリーズ、そして「mother」のことを知るきっかけになっています

タグって、なくても気がつかないだろうし、
タグを確認してから商品を購入するということは少ないと思いますが、
商品を知るきっかけとなっていたり、
安全性を確認するための役割を担っています

デザインと機能、プラスアルファと役割はもりだくさん

加えて、タグをもう少し見てみましょう

今回はタグに対して次の役割がなされています
・どせいさんタオルという商品は、「mother」シリーズの1つであることがわかるように
 ロゴを添付している
・タオルの中央部分にタグをループ上に縫製し、
 干したり、どこかにひっかけられる便利な機能を付加している


また、「やさしいタオル」としてダブルガーゼを用いたタオルにちなみ、
タグも、ナチュラルなイメージをもたらす素材を使用して
商品の統一感を高めています

作り手と使い手を繋ぐ「タグ」

ものづくりには、たくさんのチャレンジがあります
機能性、安全性、デザイン、拡張性、耐久性、快適性、おしゃれ・・・・
これらは作り手の責任はもちろんのこと、
使い手の方のありとあらゆる状況を想定してのものですが、
商品を購入する際に、そこまでのことを考えている方は多くないと思います

そんな時、タグは上記にプラスして
商品の世界観を活かしながら、
メッセンジャーとして作り手と使い手を繋ぎます

そして、またよりよいものづくりに反映し、
よりよい社会へとつなげていく

決して壮大な話ではなく、足元の大切な一歩、
そんな役割をタグも日々行っています

タグ、ストラップ、リボン、ワッペン、等
お気軽にお問い合わせください

ブログ:ものづくりことはじめカテゴリの最新記事