サイトリニューアル中:facebookページ へどうぞ!

タグは見るほどクセになる

暮らしの中にあるブランドタグ 「ブランドタグ 」という言葉に対して、反応の多くは、言われてもわからない、ピンとこない、というものですわかります、よくわかります・・・・ では、そもそも、ブランドタグはどんなもので、何をするものなのか、一体それの何がよいのか、みてみたいと思います今回は織ネーム編です 目に留めないけど、目に入ってる さて、ブランドタグ は暮らしの様々な場面で使用されています衣類をはじめ […]

文字を織る_漢字・ひらがな

文字のデザインは様々 前回の記事で、アルファベットの文字を織った織りネームをいくつかご紹介しました今回は、漢字とひらがなを少しご覧いただきたいと思います 織物の特性として、文字を織り成す糸が、縦方向か横方向の2方向のみなので曲線を描く際も工夫が必要ですといっても、そもそもどのような文字の形を描くかによってアレンジは無限ですので、そういった意味では実に様々な文字を織り成すこともできますたとえば、パソ […]

文字を織る_アルファベット

文字をデザインする 織ネームには、その製品名や企業名、またはロゴが使われることが多くあります織物は、縦糸と横糸を織り成したものでできていますから、手書きや専用のデザインソフトで描いたものとは、見栄えが少し異なります手芸に親しみがある方は、クロスステッチをイメージしていただくと近しいかもしれませんということで、実際の織ネームを見てみましょう 文字ってどんな大きさで織れるの? 文字の大きさはもちろん様 […]

<タグ・ライブラリ> vol.2

実際にブランドタグ がついた製品写真を不定期にお届けする <タグ・ライブラリ> タグの楽しさに、すこしでも目をとめていただけたなら幸いです 本日は、[ポーチ]バッグインバッグというには小さいですが、様々なシーンで役立つ便利なものですね お菓子やサプリメント、ケーブル類や文房具類など男女、年齢問わず広く使われています用途や好みに応じて、丈夫なナイロン系ややさしいコットン系など素材も様々に作られ […]

織ネームのネームってなに?

それぞれの場所で呼び名が違います 衣類や雑貨についている布製のタグをブランドタグ と称しています称している・・・というのは、このサイトで統一しているだけで、消費者のみなさんや製作者、各所で特に呼び名が決まってはいないのです その理由は、「タグ」そのものの状態をあらわしていますつまり、タグは通常、何かの製品に付随してついていることがほとんどのため、タグそのものが取り上げられることは少ないですタグ、と […]

実用的にもおしゃれにも_ブランドタグ

用途に応じて様々に変化します ブランドタグ は、製品のイメージや企業の思いをわかりやすく伝えたり、製品のインパクトを強めたり、安全や法制に沿って必要な情報を記載したりと様々な役割があります今回は、用途に応じた素材や手法で制作したプリントネームをご紹介します 必要なものは利便性を追求して 衣類や一部の雑貨では、サイズや組成、洗濯方法の明示が義務付けられています情報量は多いのですが、お洒落とはほど遠い […]

素材とデザインを掛け合わせる_プリント

様々な素材で詳細な表現 ブランドタグ の説明では、織ネームがよく登場しますこの織ネームと同様の役割(ブランディングや装飾の一部)で、服飾や様々な小物にプリントネームも提供しています ブランドタグ(プリントネーム)は、一般的に布やリボンに印字したものです生地は、綿、絹、ポリエステル、人工皮革、ゴムなど様々です 小さな文字も再現 ブランドタグ(プリントネーム)の特徴の1つは、より詳細な文字の表現に適し […]

<タグ・ライブラリ> vol.1

実際にブランドタグ がついた製品写真を不定期にお届けする <タグ・ライブラリ> タグの楽しさに、すこしでも目をとめていただけたなら幸いです 初回は、[エコバッグ]エコバッグの用途に応じた ・畳んだり開いたりしてもジャマにならないもの・濡れても大丈夫、そして丈夫な素材です タグがついているものとついていないもので、印象も異なります ちなみに、私物にて当社の製品ではございません(そして、か […]

ブランドタグ のかたち

前回は、ブランドタグ (織ネーム)の取り付けかたについてご案内いたしましたが、取り付ける位置、目的で付け方も異なることがご覧いただけたかと思います ブランドタグ (織ネーム)って形は決まっているんですか? さて、今日もご質問の中からお答えしていきたいと思いますそもそも、ブランドタグ (織ネーム)ってどんな形なのか、です 原則の形は、長方形か正方形です ブランドタグ (織ネーム)は、織物です縦糸を張 […]

ブランドタグ(織ネーム)の取り付け方

ブランドタグ(織ネーム)をどこにつけるかは大事なポイントです 前回は、ブランドタグ(織ネーム)を使う際の加工についてお話ししました その際、糸がほつれないことが大前提だ、と書きましたブランドタグ(織ネーム)は織物なので糸がほつれる可能性がありますしかしそれでは、ブランドタグ(織ネーム)としての完成度も下がりますし、お使いいただく場合の安全性にも問題が生じます当たり前のことですが、そのために様々な工 […]